ご連絡はこちら
働き方

緊張する人ほど接客に向いていると思う理由

alone

接客はすごい緊張します。

しかし、人の前だと緊張してしまって何も話せなくなってしまう人ほど、実は接客に向いています。

なぜなら、ぼく自身がめちゃくちゃ緊張が強い人間なのですが、社会人になってからのほとんどをアパレルの接客販売員や飲食店のホールスタッフなど、人と関わる仕事をしながら過ごしてきているからです。

しかも、そんなぼくでも接客はすごく楽しいと感じているのです。ぼくみたいな人間でも「楽しい」と思えたからこそ続けてこられたともいえます。

緊張するから接客が苦手という人に伝わることを願って。

緊張する人ほど接客に向いている理由

緊張する人が接客に向いていると思う理由として、「緊張するということは根がマジメで一生懸命、より良くしたいという想いがあるから」だと感じるからです。

緊張する人はそもそもなぜ緊張するのか?

そこには、

  • 自分をよく見せたい
  • お客様に迷惑をかけているんじゃないか?
  • じぶんの店の信用をさげてしまうんじゃないか?

といった気持ちがあるのではないでしょうか?

経験したことのない初めての接客で緊張するのは当たり前のこと。なんどやっても緊張するというぼくみたいな人もいます。

想像もできないこと、経験したこともないことによって「お客様とのやりとりでなにかが起きてしまうんじゃないのか?起きてしまったらどうしよう・・・」という気持ちが起きるから緊張するのです。

緊張する人は基本的にマジメ

緊張とは、相手がいて初めて成立する精神状態です。

一人の世界で緊張する人もいるでしょうけど、それは「頭や心の中にいるだれか」ということで、それでもやっぱり対象物があるわけです。

接客においては言えば、「お客様」や「店舗で働く人・店長」など、実際に見えている相手がいるから緊張するわけです。

つまり、それって、相手のことを考えているっていうことなんです。相手のことを考えられるということは、それだけで十分に接客・販売員としての素質があるということなのです。

関連記事:悩んでる暇なんてない、人生の貴重な時間をむだにするな!え?いや、本気でそれ言ってます?

考えるから、緊張したり、悩んだりするわけです。

相手のことを考える、それはつまり「おもいやり」であり「おもてなし」という言葉に置き換えてもいいでしょう。

心をなくした店員は機械化して不満をかう

接客がひとつのサービスとして確率すれば、それだけで差別化ができるのに、接客をなめているお店が多すぎると感じています。

  • コンビニ店員
  • スーパーのレジ
  • 行政サービス

行政の窓口はお店ではないかもしれませんが、これ以外にもいろいろな場面が思い浮かびます。

先日、免許更新にいったのですが、受付や検査員の人たちは、効率を優先しているため、なれた様子で早口に説明をするわけですが、こっちとしてはなにを言っているのかも、次にどこに行ったらいいのかも、なにもわかりませんでした。

  1. 効率とマニュアル化
  2. 長い不況によって生み出された低価格・短時間の顧客意識

こうした繰り返しのやりとりによって、心をなくした店員が増えてしまいました。店員だけではなく、顧客もそれを許してしまったという事実もあります。

  • 店員は無愛想でも安いしそれなりに食べられるから行く
  • 品質は可もなく不可もなくだけど安いから買う

こうした意識は、経済活動の末端である接客・サービス業においてはいまだ蔓延しています。そして、そうしたお店は企業や店舗の規模にかかわらず、大きかろうがどんどん淘汰されていきます。

人としての温もりのある対応

それができる人。それをすすめていく店が生き残っていくのです。

緊張しちゃう店員はどうすればいいか?

緊張してしまう人は接客に向いている。

そう言いましたが、緊張ばかりしていては、いつまでも接客の楽しさはわかりませんよね。

結論を言えば「あなたに会いにくる店員をめざせ」ということです。

接客のやりがい、楽しみをつきつめていくと、結局は「お客様が自分に会いに来てくれた瞬間」これにつきます。

緊張するほどマジメで人としての心をもった店員さんには、人の心をもったやさしいお客様が集まってくるものなのです。

接客にもいろいろな業種がありますが、お客様がより楽しく、よりくつろいで、よりおいしく、より美しく、よりわくわくとした感情を・・・

  • そのために何をすればいいか?
  • どんな言葉をかけたらいいか?
  • どのタイミングで?
  • なにを求めているんだろう?
  • 探しに来たのかな?買いに来たのかな?見に来ただけなのかな?

そうしたことを積みかさねていく。つまりそれは、お客様をみつめ、考え、悩み、どうすればいいかの答えをだして、行動する。

おもてなしをする。

そういうことです。

接客の経験をつむ

具体的には、接客の経験をつむこと。

緊張しながらでも、誰かと練習してみたり、実際にお客様とやりとりをする。

それを繰り返して、スキルアップしていけばいいのです。

自分がお客様の立場になったら?

お客様の立場になってみて、「あ、、、こんな店員はイヤだな。」と接客はしなければいいのです。

そんためには、自分でいろいろなお店にいって、店員に質問したり、言葉をかけたり、コミュニケーションをはかってみること。

そうすることで、なりたくない店員の姿。そして、なりたい店員の姿が見えてくるはずです。

接客を楽しんでいる人ほど、お客様として経験も豊富。お客として立場ではありますが、接客のプロ目線で店員をみている、それが接客業をながくやっているぼくが感じているところです。

はじめての接客って緊張するよね?のまとめ

はじめての接客は緊張する。

でも、緊張はマジメな証。

お客様のために一生懸命な姿が、お客様に伝えるだけでいいのです。その一生懸命さがやさしい愛のあるお客様を呼ぶのです。

そして、そのお客様が増えていくことで、どんどんと楽しさややりがいにつながっていくのです。

つまり、そういうことです。

では、最後まで呼んでくれてありがとうございました。

追伸

接客術に関する本もありまして、ぼくもいろいろと読みました。

それも、一生懸命な姿勢なので良いと思います。

ただし、その本に書いてあるとおりのマニュアル的な接客になってしまうのだけは気をつけてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です