ご連絡はこちら
自己紹介

ADHDの特徴とはなにか?自分に思いあたる具体例をあげていく。

alone

大人になってから発達障害だとわかる人、かなり多い。

理由はあきらか。しごとが原因。

メンタルがやられて体調をくずしたり、心ない職場の対応、雰囲気になじめず、孤立していくからです。

あくまで体験談。

うすうす気がついてはいましたが、ぼくも30代になって発達障害ADHDだとわかりました。

ADHDは「注意欠陥多動性障害」とも言われます。ながくて言いづらいし、いろんな意味がありすぎてよくわからんですね。

ケアレスミスやものを無くす、落とすといった注意欠陥。

行動に落ち着きがない多動性。

それと、興味がいくと考える間もなく体が反応して、やりはじめてしまう衝動性というのも、特徴だと思われます。

で、ざっくりとした特徴はわかるんだけど、具体的な行動には個人差があるのだろうと。

ぼくの特徴をちょっとでも書き記しておくことで、ADHD本人はもちろん、周囲の人での対応も変わってくるのでは?と思ったわけです。

ぼく自身もそうだったのですが、特に「あれ?なんか生きづらいな。もしかして…発達障害?ADHD・・・なんじゃね?」っていう人にはやく知ってほしいと思うわけです。

なので、当事者であるぼくが思い当たるADHDの具体的な行動をあげてみたいと思います

発達障害ADHDの一般例

一般的なADHDの例として、

特徴一般的な例
不注意

✓書き間違える

✓予定を忘れる

✓物をなくす

✓忘れ物をする

衝動性

✓急にやりはじめる

多動性

✓ソワソワ・キョロキョロと落ち着きがない

✓手や指、足をバタバタする

✓指あそび・貧乏ゆすり

✓目的のわからない行動

こんなことがよく言われます。

人によって特徴のあらわれ方に違いがあって、注意欠陥の特徴が強く、多動・衝動性があまりみられない場合は「ADD」と言われることもあります。

病気というわけではなく脳の処理の問題で、「こうなって、こうなったらADHDです!」というハッキリした境界線はありません。

そのため問題なく社会生活をおくっている人の中にも、こういう性格を持ち合わせている人もいます。

発達障害は日常生活、仕事をはじめとする社会生活といった場面で困難が生じてはじめて本人や周囲の人もその異変に気づく、というのは本当によくあることなのです。

書籍「これでわかる大人の発達障害」

発達障害ADHDであるぼくの具体的な行動例

ここからは、「あれ?おれってもしかしてADHDなんじゃね?」と思い始めて10年あまり。

子供のころから現在の自分までをふりかえってみて、「あ、あの行動はADHDが理由だったのかもな…」と思いあた行動をあげてみます。

ADHDの特徴・注意欠陥

まずは、注意欠陥にあてはまる行動。

忘れ物が周囲より圧倒的に多い(幼少期)

小学生時代は、クラスでも1位、2位をあらそうレベルで忘れ物が多かったです。「明日の準備がすでにきらい」というこれまたADHDの特徴もあわさり、忘れたのか、なくしたのかすらよくわからないこともよくありましたね。

対策として、スマートフォンアプリによるメモ&リマインダー(思い出し機能)と嫁による確認をおこなっています。メモすることすら忘れてしまうのが難点。

カギや財布、ケータイがすぐ行方不明になる

毎日、必要なものにかぎってすぐに行方不明になります。幼少期から現在もずっとついてまわる「すぐモノがなくなる問題」。

「たぶんあそこにあるだろう!」と思って取りにいくと、実は自分のバックパックに入っていた日にゃ「マジガッデムっ!」でやる気がすっごい削がれることうけあい。

さらには、探しているあいだに予定時間に間に合わなくなっちゃって、メンタルおかしくなっちゃう。

物がすぐになくなる

小さいもの…手で持てるサイズのもの

ほんと、うそーん!?さっきまでもってたのに!!?

っていうくらい、すぐなくなります。

 

子供の頃に多かったのが、学校関連の道具。教科書とか文房具、数のお稽古道具のおはじきとか、ほんとうにすぐなくなりました。

金額にするとそんなにしないってところがなにか関係しているとは思っていて、財布とかカギとか、カードとかすっごいだいじな物は、行方不明になっても自分の身近なところにあることが多いです。

※追記:人生で3回、そこそこの金額が入った財布を落としてました。

ADHDの特徴・衝動性

急になにかが気になってやりはじめることってありますよね?

ランドセルをカッターで切る

小学生時代

同じクラスのこどもが理不尽なことでいじられていたことがきっかけで、カッターでランドセルに切れ目をいれる。

だんだんと切ることが楽しくなって、気づいたときにはもう傷だらけ。

帰宅後、ヒステリック気味な母親に正座させられ、理由と謝罪の弁をのべるまで、ひたすら正座させられました。

いま考えると、切り刻んだ理由というのも怪しいところがあります。正座から逃れるために、その場で思いついたことが、いま現在の記憶として残っているだけかも、と思ったりします。

おとなになってからわかったこと。

それはランドセルがかなり高級品であったこと。しかも、両親ではなく、貧しい暮らしをしていた祖母が買ってくれたランドセルだということを、大人になってから知りました。

後悔先に立たず…悔やんでも悔やみきれない。

ただ、本当になぜランドセルを切ったのか。自分でも明確な理由をはっきり思い出せないのがつらい。

深夜に部屋の模様替え

夜になると気づいたら部屋の模様替えをやりはじめていることがよくあります。急にやりたくなるんですよね、しかも深夜に。

迷惑なことはわかっているのですが、やりたくなったらやっちゃうんですよね、これが。親や兄弟にもよく怒られました。

しかも、最後までやりきらないっていうのもよくあるパターンです。

徹夜でテスト勉強をしていたはずが、気づくとゲームをしたり、マンガを読んだりしている。そんなことがあるんじゃないかと思いますが、それと似ているかもしれません。

髪型や色を急激に変える

髪型や髪の長さに、それほどこだわりがないのですが、ある日、急にバッサリ切りたくなります。

色も茶色や金にしたこともありました。

周囲の人から「どうしたの?」ってよく聞かれます。

これは自分でも理由がわかっていて、ミスや良くないことが重なったときに「別人になりたい」という気持ちになると髪をいじりたくなります。

わかりますよね?

叫びたくなる

叫びたくなることもよくあります。

バイクに乗りながら「あ”あ”ぁぁあ”あぁぁぁぁーーーーーー@!!!!!」とよく叫びます。

これもわりと嫌なことがあった時に多いです。

ギャンブル

パチスロをやっている時。

いろいろあって、どうでもよくなって財布のお金をいれ続けることがあります。

精神的に不安定な時によくおこります。まぁ、負けますよね。

ADHDの特徴・多動性

行動が読めない。落ち着きがない。と言われることがあります。

ぼくとしては多動性はそれほどない…と思っているわけですが。

スリッパを足でパタパタ

病院の待合室。

履いているスリッパを軽くキックする要領で「パタン…パタン…」とする癖がありました。

母親からなんども注意されましたが、気づくと体が勝手にやっていて、止められるとやりたくなる・・・

という悪循環。

でも、やめられないのよね。

静まった空気でソワソワ

自宅にいる時、一人でいるときなんかは、静かなほうがいいのですが

全校集会や会議

学校や職場で「シーン…」とした雰囲気になるとソワソワしはじめます。

体を動かしたり、キョロキョロしたり、だれかに話しかけたくなったりします。

なんとか我慢はするのですが、体がすっごくむず痒くなります。

まとめ・当事者が語るADHDの特徴

やめられないこと、やりたくてやっているわけじゃないことって誰にでもあると思います。

個人の努力や自分の意思でコントロールできないのが発達障害なのです。

仕事や人間関係など、社会生活において悪い影響があるとき。もちろん反省はしていて改善しようと取り組んでもいます。

自分で言うのもなんですが、根はすっごくマジメなので、プライドが傷つかないように明るく取り繕ってはいますが、それでもどうしようもできないことがあります。

たくさんの挫折、自己嫌悪におちいる経験を繰り返している。そのことを知っていてほしい。

そして、同じような経験、想いをしている人がいるならばぼくが自分自身に言い聞かせるつもりで言ってあげたい。

それはお前のせいじゃないから。心配すんな、と。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

追伸

また思い出した特徴があれば、追記していきます。

「自分はこんなことあったよー!」っていう方は、ぜひぜひTwitterで絡んでやってくださいませ。

 

ABOUT ME
endooows

Endo's Weblogs

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です