Photo by Leah Kelley from Pexels

ガジェット

5,000円以下で購入できる有名メーカーのBluetoothイヤホンを探してみた結果

投稿日:2019年4月25日 更新日:

Bluetoothイヤホンがほしいのですが金銭的な余裕がありません。

音質はもちろん、ノイズキャンセリングや防水といった機能までいれると10,000円以上するものばかりで、中には30,000円以上するのものあって貧乏なぼくには手が出せません。

なので、こんなぼくでもなんとか手の届く「5,000円以下で購入できるBluetoothイヤホン」について、購入前にどんなものがあるか調べてみました。

なお個人的な基準として、機械音痴なぼくでも知っている「有名なメーカー」であること。

また、すぐに物を落として紛失してしまう性格ということもあり、落下しにくい「ケーブルでつながっているタイプ」であること。

このふたつはぜったいにゆずれないポイントとしました。

さらに、できればあってほしいポイントとして「クールでかっこいいデザイン」「ハンズフリー通話」「防水防滴機能」「ノイズキャンセリング機能」も視野にいれ検索してみました。

参考になればさいわいです。

必須ポイント

  1. 5,000円以下である(税込/送料込)
  2. ぼくでも知っている有名メーカー
  3. ケーブルでつながっているタイプ

できたらあってほしい機能

  1. シンプル&クールなデザイン
  2. ハンズフリー機能
  3. 防水防滴
  4. ノイズキャンセリング機能

価格については2019年5月現在における楽天市場とアマゾンの価格を参考にしました。価格には変動がありますので購入の際は各サイトにてご確認ください。

イヤホンの形状について

Bluetoothイヤホンの形状は、AppleのAirPodsに代表される「左右分離タイプ」、骨伝導タイプ、片耳タイプなど、たくさんの種類があります。

そのすべてを候補に入れてしまうとキリがなく、先にも書いたように、近年人気の「左右分離タイプ」においては確実になくすので、今回は一般的な「左右一体型」と「ネックバンドタイプ」に的をしぼって調べてみようと思います。

SONY

まずは日本を代表する超有名メーカーSONYから。

いま現在、使用しているスマートフォンが人生ではじめてのSONY製品でもある「Xperia」ということもあり、同じSONYで揃えたいという安直な理由から、まずは5,000円以下で購入できるSONYのBluetoothイヤホンを調べてみました。

SONY|WI-C300

画像出典:WI-C300 | ヘッドホン | ソニー

2018年製ソニーの左右一体型Bluetoothイヤホン。

3,000円台とソニー製品でありながら超リーズナブルなのにBluetooth接続だけじゃくワンタッチ簡単に接続ができるおサイフケータイでおなじみの「NFC」にも対応しています。

防水やノイズキャンセリング機能はないですが、ハンズフリー機能や音漏れ軽減など、必要最低限の機能が付いています。

できるだけ安価なものが良いけど、有名なメーカーのもので安心して購入したい。

というぼくみたいな人におすすめ。

ソニー SONY ブルートゥースヘッドホン ブラック WI-C300 BZ [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右コード) /Bluetooth][WIC300BZ]

SONY|WI-C400

画像出典:WI-C400 | ヘッドホン | ソニー

2017年製ソニーのネックバンドタイプのBluetoothイヤホン。カラーは4色。

ノイズキャンセリングや防水機能はないものの、ハンズフリー機能やケーブルの長さを調整できるなど、基本的なポイントはおさえてくれています。

このイヤホンのイチオシポイントは、最大20時間の連続使用が可能なところ。めんどくさがって充電をわすれがちな自分には嬉しいポイント。

各色、色のトーンが落ち着いており、シンプルなのにクールなデザインがかっこいい。

SONY|MDR-XB50BS

画像出典:MDR-XB50BS | ヘッドホン | ソニー

2,016年製ソニーの防滴Bluetoothイヤホン。

こちらもノイズキャンセリング機能はないのですが、ハンズフリー機能はもちろん、運動時の汗や雨、水しぶき程度ならばイヤホンを水から守ってくれる防滴機能が付いています。

SONY|MDR-XB70BT

画像出典:MDR-XB70BT | ヘッドホン | ソニー

こちらも2016年製のBluetoothイヤホン。

こちらもハンズフリーなど必要最低限の機能で、低価格ながら重低音域の音質の良さで評価の高いモデルとなっています。

個人的に感じていることは、耳に入れる部分が重そうであり、デザインとしてもあまりかっこよさを感じない、というのが本音。

【ポイント10倍!5月11日(土)00:00〜5月21日(火)1:59まで】ソニー MDR-XB70BTBZ Bluetooth搭載ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)

オーディオテクニカ

音響機器関連では名前をよく聞くし、評判もすごく良い「オーディオテクニカ」。

英語で表記されることが多いので「audio-technica」と表記すればわかる人もいるでしょう。

日本を代表する音響機器メーカーであり、現実社会でもネットの世界でも良い評判しか聞いたことがない・・・と言っても言い過ぎではないくらい、高い評価を得ているオーディオテクニカ。

ただしそれは、主にヘッドホンやスピーカーなどの評判であり、今回調べているイヤホンの評判についてはあまり耳にしたことがないのが心配ではある。

audio-technica|ATH-C200BT

画像出典:ATH-C200BT | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ

2018年製オーディオテクニカのBluetoothイヤホン。

周囲の音も聞きとりやすいセミオープン構造を採用しており、シリコン素材の使用と長時間の装着でも耳が痛くなりづらいエルゴノミックデザインを採用しているところがポイント。

ハンズフリー機能といった必要最低限のポイントはクリアしてくれている。

JVC

JVCは「JapanVictorCompany」の略で日本ビクターを意味しており、昭和生まれなら知っているだろう「蓄音機の音を聞く犬」でおなじみ、超有名企業だったビクターの日本向けブランド。

現在は、これまた有名企業であったケンウッドとビクターが経営統合され、株式会社JVCケンウッドがJVCブランドを引き継いでいる。

つまり、昭和生まれならみんなが知っているビクターとケンウッド、ふたつの老舗音響機器メーカーの歴史を受け継ぐブランドである。

ボク

そーいえば、むかし、ケンウッドのPHSを使っていたっけなぁ…懐かしい。

JVC|HA-FX67BT

画像出典:HA-FX67BT|ワイヤレスステレオヘッドセット|イヤホン・ヘッドホン製品情報|JVC | JVC

2019年製JVCケンウッドのBluetoothイヤホン。

低価格帯ながら、からみにくいフラットケーブルとネック部にソフトバンドを採用しており、収納時のケーブルの絡みづらさと装着の安定感を追求している点は、いつもケーブルがぐちゃぐちゃになってしまうぼくとしては見逃せないポイントである。

さらに着脱時はマグネットで

この価格帯ではめずらしい防水機能も付いている点も見逃せない。

シンプルなデザインも良いですね。

JVC|HA-EC9BT

画像出典:HA-EC9BT|ワイヤレスステレオヘッドセット|イヤホン・ヘッドホン製品情報|JVC | JVC

2019年製で独特のイヤーフックを採用したBluetoothイヤホン。

低価格ながらスポーツ向けに作られているため防滴仕様が採用されている点はうれしいポイント。

ハンズフリー機能も搭載されているが、連続使用が4時間という点はちょっと心もとない。

JVC |HA-FX57BT

画像出典:HA-FX57BT|ワイヤレスステレオヘッドセット|イヤホン・ヘッドホン製品情報 | JVC

2017年製JVCのネックバンドタイプBluetoothイヤホン。

ネックバンドタイプのメリットとして、容量の大きい充電池を搭載できるため長時間の使用ができる点があげられ、このイヤホンは連続して14時間も使うことができる。

またケーブルを収納するスペースも確保できるため、ケーブルの長さを調整することができるのもメリット。

もちろん、ハンズフリー機能も搭載している。

JVC ビクター HA-FX57BT-B ブラック ハンズフリー通話対応 おしゃれ Bluetooth ブルートゥース ワイヤレス イヤホン イヤフォン 【1年保証】 【送料無料】

さいごに

今回、ぼくの基準で5,000円以下のBluetoothイヤホンについて調べてみました。

貧乏な育ちのせいか、イヤホンなんてとりあえず音が鳴ればいいという感じで、音質などにはこだわりはないので、価格、機能、デザインを基準にピックアップしてみました。

本音を言えば、ノイズキャンセリングや防水機能も付いていて、音質の良くて、デザインもクールでカッコイイやつを、価格なんて気にせず悩まず「ポチッ!!」と購入したいのですが…貧乏つらい。

というわけで今回はピックアップした中からひとつを選んで購入してみようと思います。

購入したらその時はまたレビューしてみたいと思います。

ではでは…さーて、どこのどれにしようかなー。

スポンサーリンク

-ガジェット
-, , ,

Copyright© endooows , 2019 All Rights Reserved.