ご連絡はこちら
雑貨&文房具

片付けられないADHD男子はコクヨKaTaSuシリーズのドキュメントバックを買わざるを得なかった。

整理整頓

「片付けなんてこの世から消え去ってしまえばいいのに」

「片付けなんてしなくてもいい世界になればいいのに」

ぼくはいつもこんなことを考えている。

いったい、今までに何回くらい、こんなことを考えたことだろう…えぇ、たぶん4回くらいです。

あ、どうも。片付けがすこぶる苦手な人です。

昨年2017年、約1年まよって「とある防水リュック」を購入したぼくです。

雨の日
片付け苦手なズボラ男子が防水リュック「マンハッタンパッセージ#3216」をレビューするよあ、どうも。バイク乗りの管理人です。 バイカーとしての必須アイテムだと思っている「リュック」を探しています。 雨の日でも使...

購入した防水リュック。バイク通勤をしているぼくの日常生活において、十分な防水性があることはもちろんのこと、荷物の整理がしやすい構造になっているところも魅力的です。

しかし、整理整頓せず、リュックの中にものを「ぽーいっ!ぽ、ぽーいっ!!」とぶっこんでいるだけなので「リュックの中のどこに?なにが?入っているのかわからなくなってしまう」という問題が頻発してきてしまいました。

防水リュックで解決したい問題はなにか?

防水リュックは荷物を水からしっかりと守ってくれているので満足している。

問題は「リュック内部の整理と荷物の出し入れ」だ。

  1. リュックの中
  2. 机のうえ

時計を見ながら余裕をもって行動することが苦手なぼくは、リュックの中、机の上が、いつもぐちゃぐちゃなのだ。これの状態をなんとかしたいと思っていた。

使用頻度の高いモノと出し入れの簡略化

ぼくは心配性なのか人よりも荷物がおおい。その中でも、よく持ち運ぶし、出し入れの頻度も高く、使用頻度のたかいモノ。

例えば、こんなものだ。

  1. 長財布(レシートと小銭のせいでムダに厚みがある…悲。)
  2. 手帳(ジブン手帳)
  3. Bluetoothキーボード(スマートフォン用)
  4. 書籍(2~3冊)
  5. クスリ(コンサータなど/ADHD用)

クスリはサイズが小さいので問題ないのですが、その他の手帳や本についてはサイズ感のあるものばかり。

もともとスケジュール管理が苦手なので、手帳なんてものを見るクセもないのに、手帳の出し入れまでおっくうになったら、余計に手帳なんて見ないわけで。

おれ
おれ
できることなら手帳なんてみたくない…落合陽一さんみたいに秘書を4人くらい雇えるようになりたい…涙。

リュックの中を整理したい

リュックの中がぐちゃぐちゃになってしまう根本的な原因とその解決。そして、ストレスなく荷物を取り出せる状態にしたい。

そのためには、リュックの中がいつも整理されている状態にする必要がある。職場とおなじように「次に使うひとのため」を意識して、定位置を決めておくこと。そして「使ったら元の場所にもどす」ことを習慣にしていくことが大切だ。

そんなことを考えていた時、ぼくは見つけてしまったのだ。

大好きな文房具屋さんでコクヨ「KaTaSuドキュメントバッグ」をっ!

コクヨの「KaTaSuドキュメントバッグ」を購入してみた

コクヨKaTaSuシリーズは書類の整理整頓、持ち運びの手間を省くために開発された事務作業をする人のために開発された事務用品。

その中でぼくが購入したのは「ドキュメントバッグ〈KaTaSu〉スタンドタイプ」である。

ただの事務用品ではない。

デスクの上では「書類立て・本立て」として使い、外出の時はそのまま「バッグインバッグ」になるアイデア商品でもあるのだ。

荷物ぐちゃぐちゃ問題は解決されたのか?

このKaTaSuドキュメントバッグによって、

  1. リュックの中のぐちゃぐちゃ状態を解決したい!
  2. 必要なモノの出し入れは簡略化されたのか?

「これらの問題が解決されたのか?」と聞かれたら…。

うん、解決されちゃったよね。さすが、コクヨさん、らぶ。

  • リュック→机
  • 机→リュック

とにかくこの「荷物の出し入れ」が簡略化されたことが、すごくよい。

よいよい、すごく気持ちがよい!

バラバラだった荷物が「ドキュメントバッグ」ひとつになっちゃうわけだから、当然だけどリュックの中の「ぐちゃぐちゃ状態」もなくなっちゃったよね、うん。

めでたし、めでたし。

おわり…にはできないんだよね、これが。

KaTaSuドキュメントバッグの問題点

KaTaSuドキュメントバッグを購入、使用してみて、気になる点がいくつかありました。

気になっちゃったんだよねぇ、細かいところ。そういう性格なんですわ、ぼく。

ごめんよ、コクヨさん、でもこれは「愛」だからゆるしてほしい。

お値段たかすぎ問題

希望小売価格「¥2,800」は正直、たけぇっ!

諸事情によってしごとが続けられなくてですねぇ…お金がないのです。

「夏のボーナス給料2ヶ月!お盆休みで海外旅行、行っちゃうぜっ!」とか、夢のまた夢なんです。

ぼくみたいな貧民には正直、手がだせません…手がだせないんだけど、背に腹はかえられないよ、ぼくは。

だってコクヨ好きなんだもん…だから税込「約3,000円」払って買いましたよ。Amazonとかじゃないから、文房具屋にてちゃんと定価で購入したんだからねっ!

天下のコクヨさんですから「お値段以上」を期待してね。(あれ?なんか違う気がする

本来の目的である「荷物の出し入れの簡略化」は達成されたのですが、この価格と見合う商品なのか?と聞かれると、正直、すごく悩みどころ。

だってさ、100円ショップですぐに商品化されてしまいそうな感じがするのさ。そう感じちゃったんだよね、コクヨが好きなぼくですら。

ドキュメントバッグの「マチ」たりてなくない?問題

コクヨKaTaSuドキュメントバッグチャック開閉①

コクヨKaTaSuドキュメントバッグチャック開閉

マチっていうのは「厚み」のこと。

ドキュメントバッグ手前側のマチはあるのですが、奥側のマチがあまりない。上からみるとわりと鋭角な「二等辺三角形」になっているのは、卓上で立たせやすくするためでしょう。

それであるがゆえに、書籍や手帳を2~3冊いれたらチャックが最後まで閉まらなくなってしまった。なんだか不格好だ。

うん、コクヨさんや担当者の方々の言いたいことはわかる。

本来なら書籍や手帳といった厚みのあるものではなく、紙の書類なんかを入れたクリアファイルや書類フォルダーなんかを想定しているから、これくらいの厚さなんですよね?

わかる。それならばこの厚みで十分です。

耳折り時のデザインもう少し頑張ってほしかった問題

コクヨKaTaSuドキュメントバッグ耳折り時

ぼくの個人的な好みによるところなのですが、耳を折ったときのデザインにもこだわってほしかった。

そこそこの価格のわりに「事務用品の安っぽさ」を感じてしまったのです…ほんとに、なんか…ごめんなさい。

でも、正直に言うわ!

もうちょっとスタイリッシュでクールなデザインがよかった。最近はオフィスもオシャレになってるところも多くなってきてますからね、えぇ。

ん?スタイリッシュでクール?

なんじゃそれ?

まぁよくわからんけど、もうちょっとオシャレなデザイン、高級感のある素材にしてほしかったです。

ドキュメントバッグの素材分厚い問題

クッション性を高めるためだということはわかるのですが、素材がすこし分厚いので、リュックにいれるとスペースが埋まってしまいました。

「圧迫感がある」ってことですね。

ただ荷物の出し入れに支障はありません。いままで入っていた荷物がはいらなくなる、といったこともありませんので、ストレスなく使わせていただいております。

さいごに

問題点ありすぎでしょ?

と書いていて感じましたが、実際に使っている中では問題なく使うことができております。

問題点としてあげたポイントは、個人的に「ここ改善してくれたらもっと好きになるのに…もっと人に勧めたくなるのに…くやしいっ!」と感じたところです。

現状のKaTaSuドキュメントバッグでも、片付けの苦手なぼくにとっては十分にありがたい商品です。

というわけで、気になる点はありつつ、クレームみたいなことも書いてしまいましたが、それでもほぼ毎日のように使っているわけで。

なんやかんや、やっぱりぼくは「コクヨが好きなんだ」ということを確認することができました。

コクヨのみなさん、愛してます。

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です