ご連絡はこちら
PC周辺機器

人間工学デザインキーボードMicrosoft・5KV-00006を購入して3日間使用してみた感想

人間工学デザイン

人間工学デザインキーボードMicrosoft・5KV-00006を買いました。

3日間使ってみた率直な感想を2年前の自分にむけて言いたい。

「いますぐ買え」と。

Microsoft・5KV-00006を使ってみてわかったおすすめポイント

このキーボードの大きな特徴は「人間工学」に基づいた独特なデザインは、新しいキーボードに求めていたことをしっかりとクリアしていくれています。

肩こりを軽減してくれるPCキーボードはないものか?このところノートパソコンのキーボードの調子が悪い。 タイプしたハズなのに文字が打てていない。知らなかったのだが、キー一つ一つが分かれて...

中央部分に切れ込みが入っており、波のようにふくらんでいますが、タイプする時、手や腕にムダなチカラが入っていないことはすぐに実感できます。

パチパチ、カチャカチャといった音もしないのでタイプ音も静かです。

ノートパソコンのフラットなキーボードからの乗り換えでしたので、この独特な形状にすこし違和感をおぼえましたが、こうしてブログの記事をひとつ書けばすぐに慣れる程度でした。

ホームポジションや指の担当など、タイピングの基礎ができている方は、問題なく使うことができるので、乗り換えへの不安はいりません。

独特の形状については、本当につかいやすいのかどうかと不安でしたが、むしろすっごく良いと思います。

人間工学デザインの他にも好感をもてたポイント

人間工学に基づくデザインによって、ムダな力がはいらず、タイピングはとても楽になりました。

このキーボードのいちおしポイントについては満足です。

ただ、それと同じくらいに「おぉ、いいじゃん!」と感じたところもいくつかありました。

Microsoftエルゴノミックデザインキーボード

マグネットで本体と土台がくっつく瞬間が気持ちいい!

キーボード本体に高さを持たせるために、取り外し可能な土台が付属しています。

土台に本体を乗せるとマグネットで「シュッ!」とくっつく瞬間が気持ちいい。マグネットなので、取り付けるのはもちろん、はずすのも簡単。

通常は土台で高さを出すのですが、はずした状態でももちろん使うことができます。高くても低くても、どっちでも打ちやすいので、デスクやイスの高さにあわせて調節して使ったり、気分転換に高さを変えたりできるのも良いところです。

タイプ中に手首をおく「パームレスト」のさわり心地がいい!

ちなみに、キー手前の手をおくところ(パームレスト部分)は、クッション性のある素材になっているとこもグッド。長時間の使用でも手が痛くなることはありません。

さわり心地がすごく気持ちいいせいか、無意識にパームレスト部分をサワサワと触っているときもあってちょっとビビりました。

キーボード全体の形状だけではなく、打感、クッション性のある素材、さわり心地、高さ調整用の土台など、タイピングの心地良さについてすっごく考えられているな、と感じました 。

ほんと、そう思います。

5KV-00006独立テンキー

独立したテンキーが使いやすい

テンキーが独立、好きな場所におけます。

テンキーの仕様頻度が高いのに、打ち間違いが多いぼくにとって、これ、すごくありがたい。

使いやすい位置に置けるということはもちろんですが、テンキーが十字キーとしても使える点もグッドです。

しかも、テンキー上段にある3つの横長のキー

このキーの打感が個人的にかなりツボです。メインのキーボードも音が静かで打感が気持ちいのですが、3つのキーはずーっとポチポチしたくなる。

ちょっと硬めのクリック感がすっごい気に入っています。

購入前に気になった点

購入する前にいろいろなブログのレビューを参考にさせていただきました。

その中で気になったのが2つ

キーが反応しない?

ひとつは「Bluetoothによる無線の接続のためにキータイプが反応しなくなる」という点。

これが原因でなんども交換された方もいて少し気になりました。

2~3年くらいで反応しなくなる、という話をいくつか見聞きしたので、劣化が原因だと思いますが、

「保証期間内であればすぐに新品のものを送ってくれた」という内容もあり、安心して購入することができました。

ぼくはまだ3日間しか使っていないのでキーが反応しなくなることはありません。

マイクロソフトエルゴノミックキーボード

ホームポジションは人によって違う?

もうひとつ気になったのが、タイピング時の指の置く位置(ホームポジション)、「どのキーをどの指が担当するか」が人によって違うために起こるタイピングのやりづらさがあげられていました。

タイピングは人によって「どの指を使うか」に違いがあるようです。

このキーボードは「B」と「N」、「T」と「Y」の部分で左右に別れているので、通常なら人差し指でタイプするキーが人によっては打ちにくくなる可能性があります。

幸いにもぼくのタイピングは、基本的な指の使い方だったので慣れるまでに時間はかかりませんでしたが、自分流のタイピング方法がある方は注意したほうがよさそうです。

Microsoft・5KV-00006を購入したいちばんの理由は肩こり

今回、なぜこの人間工学デザインキーボードを購入することにしたのか。

いちばんの理由は、

  • 肩こりがひどいから

このキーワードで、いいキーボードはないものかと調べ、行き当たったのが「人間工学デザインキーボード」でした。

その中でも比較的低価格で評価もよかったのが、このMicrosoft・5KV-00006でした。

ほかにも人間工学に基づき、体への負担を軽減するキーボードはあります。実際にながく使ってみないと本当に肩こりが軽減するのかはわかりません。

ただ3日間、使ってみて言えることはタイピング時にリラックスして打てるようになっていること。指や手のムダな動きが減ったことです。

しばらく使ってみないと、体への影響がどれほどのものかわかりませんし、打ちやすいキーボードではあるので、ガシガシとブログを更新してキーボードを打ち倒してやろうとおもいます。

人間工学デザインキーボードをつかってみた感想

たった三日間ではありますが、かなり満足しています。

なぜもっと早く購入しなかったのだ、おれのばか!

えぇ、そう思います。

購入した直後の高揚感もあるので、公正に評価できているのか不安ではありますが、ただパソコンに向かうのが楽しみであることだけはたしかです。

キーボードを調べるにあたって「Microsoftはキーボードやマウスを作っていたほうがいいんじゃないの?」なんていう意見もありました。

またぼく自身、すでにMicrosoftのスマートフォン用Bluetoothキーボードを使っていて、そのデキの良さを知っていたので、ほかの人のレビューと併せてかなり安心して購入することができました。

たった三日間ですので、これから不具合や問題点が出てくると思います。そのときはまた報告させていただきます。

さいごに。

キーボードやマウスにストレスを感じている。いまこの瞬間もそう感じているなら候補のひとつにいれてみてほしい、心からそう思います。

ではでは。

人間工学キーボード&テンキー2点セット

今回、購入したのはこちらの2点セット。パッケージが段ボールのビジネスモデルのほうがちょっとだけ価格が安いです。

人間工学キーボード&テンキー&マウス3点セット

追記:後日、人間工学マウスを単体で購入しました。こちらも握り心地がたまらないすごく良いマウスです。

最初から3点セットで買えばよかったな…と、ちょっと後悔しています。

ABOUT ME
endooows

Endo's Weblogs

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です