ご連絡はこちら
育児

こどもができて初めて知った!「赤ちゃんに関する衝撃的だったこと」~生後3ヶ月まで

baby

赤ちゃんが生まれて3ヶ月。

赤ちゃんの生態について、知らなかったことがたくさんあったのでメモ代わりに記事にしたいと思います。

ただ、我が家の赤ちゃんに関しての内容ですので、あくまで参考程度にしてくださいませ。よろしくお願いします。

頭蓋骨にあきらかなくぼみがある

いちばん衝撃的なことは「頭にあきらかなくぼみがあること」です。

しかも、少なくとも「2カ所」はへこんでます。

生まれてすぐ、あたまを撫でていたときに気がついた時には、

ふへ!?へ、へこんでるぅ…!?あ”…つまり…へこんでるところの皮膚の向こう側は…脳みそ?

いや、んなわけないよ…?

じゃあ、どうなってんの?やっぱ脳みそなの?

まじで?それって、やばくない???

とまぁ、知ったときにはかなり焦りましたし、軽めにパニクりました。だって…体の中を直で触っているような気持ちの悪さがあって怖かったんだもん…。

知らなかったんすよ、頭ががへこんでるだなんて・・・。

へこみの理由

ただ、心配ではあったので、産婦人科の先生に聞いてみました・・・「あたまがへこんでるのですが、だいじょうぶなの?」と。

冷静に考えてみれば、赤ちゃんの成長速度はやばいくらいにスピーディーであることを考えたら納得がいきました。

身長も体重もやばいくらいの速度で大きくなっていきます。男の成長期なんてたいしたことないくらいの速度です。

当然、頭も大きくなるわけです。人間の進化を支えてきた脳ですし、もともと重い頭ですが、成長すればさらに大きく重たくなっていきます。

なので、生まれたばかりの赤ちゃんは頭蓋骨がしっかりとくっついていませんし、全体的も柔らかい状態です。もしも、頭蓋骨がカチカチだったら、脳が閉じこめられてしまい大きくなれない、ということです。

余談ですが、赤ちゃんは右脳と左脳もくっついていないらしいです、ビビりますよね。

へこんでる場所

産婦人科の先生から教えてもらい、自分でもさわって確認した場所は2カ所。

1カ所は、顔の中心線上で、おでこの生え際から10cmほど頭頂部に近づいたところです。

2カ所目は、そのまま行動部に回って首に近いところです。

指先でぐいぐいと触るのは、とてもじゃないけど怖くてできませんが、該当箇所を手のひら全体で持つようにしてもわかるはず。

ちなみに、産婦人科の先生は、我が息子のへこみを指先で余裕で押しこんでました…専門家だから信じてるけれども、めちゃくちゃ怖くて前身がブルブルしちゃいました。

目は左右バラバラに動かせる

これも驚きましたね、黒目が左右バラバラに動きます。

これ、知らないとマジでホラーです。だって、両目の黒目が離れたり、片方だけ動かしたりするわけですから、大人の常識で考えていると「トリッキー」すぎて悪寒が走ります。

うちのオカンも走りだしましたね…たぶん、知らんけど。

観察期間としては「生後3ヶ月まで」の状態。個人差はあると思いますので、できたりできなかったり、いつまでできるのかなど、現時点では不明。

次回の産婦人科の通院で医師に聞いてみようと思います。

下まぶたの裏側に白い膜があり恐怖感のある白目ができる

下まぶたの裏側に白い膜があり、自由に眼球を覆えるようです。

ただ、それをやるとビックリするくらいに「恐怖感のある白目」になるので、夜中に抱っこしながら白目になると、背中がゾクゾクします…こわいお。

風呂が好き

どんなに泣いていても「お風呂」に入ると泣き止みます。

きっと母親の体の中にいた時のことを思い出すのでしょう、すごく気持ちよさそうにしています。

わりとしゃべる

2ヶ月を過ぎた頃から、泣き声とは違う、うなるような声を発するようになりました。

3ヶ月の頃には、一人、自分のコブシを見つめながら独り言をつぶやいたり、笑顔が限界を超えると「んーきゃっ!!」とはしゃぐような声を出しております。

人生、楽しそうでなによりです。

めちゃくちゃ笑う

3ヶ月を過ぎたくらいから、ニヤニヤするようになりました。

特に反応するのが「キャ」という音です。しかし、これだけに頼りすぎないように気をつけいています。

ちなみに「X JAPAN 紅」を歌ったらめちゃくちゃ笑っていたので、次の日も試したら…

(スーン)…

と無視されました…悲しみがやばみ。。

めちゃくちゃおならする

ビックリするくらいに「おなら」します。

おとなと同じ音量

おならの音量は赤ちゃんではなく「おとな」の音量と同じです。

遠慮がないのでむしろ大きいくらいです。

「ちっさいおっさん」と言われる理由がわかった気がします。

おとなと同じ臭い

おならの臭いも「おとな」と同じ「おならの臭い」です。

ただ、まだ「母乳」しか飲んでいないせいか、大人よりもすこしだけ臭いにやわらかさがあります。

【生後3ヶ月】赤ちゃんの生態・まとめ

生後3ヶ月の我が家の赤ちゃん

その生態を観察していると、知らなかったことがたくさんあってすごく楽しい。

興味深く彼の動向を楽しく観察している毎日です。

なにより病気やケガもなく、みんなを笑顔にする彼からは学ぶことが多く、父親としてもがんばらねばいかん!と気持ちを引き締めなおす毎日です。

あとがき「ぼくは思った…」

最近はぼくより赤ちゃんのほうがご祝儀として「お金を稼いでいる」というこの現実…悲しみとつらみがやばみ。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です